石川県から 山中漆器の こぼしにくい器

茜・3点セット
20,000円
茜・ボウル(小)
6,500円
茜・深皿(中)
6,800円
茜・平皿(大)
7,200円
黒・3点セット
20,000円
黒・ボウル(小)
6,500円
黒・深皿(中)
6,800円
黒・平皿(大)
7,200円
※価格は税別です。通常5営業日以内発送。

2019年5月下旬出荷を目指して職人と製作を進めておりますので、いましばらくお待ちいただけますと幸いです。
恐れ入りますが、東京aeru meguro、京都aeru gojoでも同様の状況でございますので、ご了承くださいませ。

1つひとつちがう木目。自分だけの器

漆を塗っては拭き、塗っては拭きを繰り返す「拭き漆」。
木の器ならではの木目を楽しんでいただけるように、数ある技法のなかでも「拭き漆」で仕上げました。

1つとして同じ木目はありません。上から、横から、下から。
器を色んな角度から見てみてください。

もし同じ『山中漆器のこぼしにくい器』が2つあっても、「こっちがぼくの器!」「こっちはわたしの器!」と、きっとわかると思います。

そしてこの木目に、山中漆器の木地職人さんの技が隠されています。
山中漆器では、原木を短冊状ではなく、輪切りにして使う「縦木取り」で切り出したものを使っています。

その分、1本の木から作れる器の数は少なくなるのですが、歪みや収縮に強く、木がもともと持っている特長を活かせるので、このような作り方をしています。

『こぼしにくい器』で、楽しく上手に、食べられますように

こぼしにくい器

食べ物を上手にすくえる秘密は、『こぼしにくい器』の内側にある“返し”。

“返し”があるので、柔らかいおかゆも、こまかく刻んだお野菜も、スプーンで上手にすくえます。こぼしにくい器を使ってくださっている、お子さんのお母さんやお父さんからは、

「食事をした時に『スプーンの使い方が上手!』と褒められました」
「集中して食べるようになった」
「この器のおかげか、嫌いな野菜もバリバリ食べるようになり、驚いています」

など、感想をたくさん頂いています。

この“返し”は、職人さんの高い技術から生まれたカタチ。aeruは、職人さんの智慧と手仕事によって支えられています。

色々な産地の器を組み合わせれば、食卓が自然と学びの時間に

こぼしにくい器

山中漆器のボウル、大谷焼の深皿、津軽焼の平皿を並べて写真を撮ってみました。その日の料理に合わせて器を選んだり、お味噌汁などの熱い食べ物は、熱が手に伝わりにくい山中漆器によそったり。色々な産地の『こぼしにくい器』を組み合わせて楽しんでみてください。

「この器の模様は、“ねんりん”って言うんだよ」「この器の裏がザラザラしているのは、土からできているからだよ」というふうに、『こぼしにくい器』をきっかけに、食事の時間が学びの時間になればうれしいです。

軽いので、外食のときにも

こぼしにくい器

素地が木で出来た漆器は軽く、落としても割れにくいので、お出かけの時に器を包んでバッグに入れて持ち運びいただけます。また、熱が直接手に伝わりづらいので、熱い器に手を添えたり持つのが苦手な子にもよくお使いいただいています。

職人さんの手仕事から生まれる『山中漆器のこぼしにくい器』

こぼしにくい器

木地師さんが、欅(ケヤキ)の木を削り出して形を作るところから始まります。難しいのは、こぼしにくくするための器の内側の“返し”。鉋(かんな)と轆轤(ろくろ)で緩やかな曲線を削り出しながら、一つひとつ手作業で仕上げています。

欅のように、すくすく育ちますように

こぼしにくい器

木地には欅(ケヤキ)を選びました。しんしんと降る雪の中で栄養をたっぷり吸収して育った欅の木は丈夫で、日本家屋や神社、仏閣に古くから使われてきました。空に向かってまっすぐ末広がりに枝を広げ、空を支えているような力強さがある欅。「子どもたちも、欅のように元気にすくすく育ってほしい」という願いも込めています。

子どもと一緒に育つ、日本の職人さんからの贈り物

0から6歳の伝統ブランドaeruは、伝統と現代の私たちの感性を和えた、子どもと一緒に育ち、大人になっても共に暮らし続ける製品を全国の職人さんとお届けします。

0から6歳の伝統ブランドaeru

子ども目線で作られたホンモノが、子どもたちの豊かな感性や価値観を育むお手伝いができますように。

お直ししながら長くずっと

onaoshi

使い続けているうちに、漆が少しずつ剥げてきたら、山中漆器の職人が塗り直します。
剥げたまま使い続けると木地が傷んでゆがんでしまいますので、長く使っていただけるように、「お直し」をぜひご利用くださいませ。
幼い時から大人になってもずっとお使いいただける、共に人生を歩む器であれますように。
お直しの詳細・お申込みはこちら

成長や献立に合わせて、大きさは3種類

こぼしにくい器

こぼしにくい器は、口径11cmのボウル、13cmの深皿、15cmの平皿の3種類ご用意しています。 離乳食が終わっても、幼児食はもちろん大人になっても、副菜をよそう器にしたり、長くずっとお使いいただけます。

※上の写真は、こぼしにくい器3点セット(ボウル・深皿・平皿)です

離乳食を始めたばかりの「ゴックン期」にはボウルを

こぼしにくい器
やわらかいおかゆなどを入れるのにちょうど良い11cmのボウル。

深皿は「モグモグ期」「カミカミ期」にピッタリ

こぼしにくい器
食べられる食材が増えてくる「モグモグ期」「カミカミ期」。野菜やお魚、お肉をおかゆと和えたものや、小さくした野菜のミネストローネなどのお料理には、ボウルよりも少し大きい13cmの深皿。

たくさん食べるようになったら、平皿を

こぼしにくい器
一番大きいのが、15cmの平皿。離乳食も卒業にさしかかって、量をたくさん食べるようになったときには、この器でたっぷりと。

親子で一緒にお使いいただけます

otona

酒の肴を入れる器や小鉢としても使えるので、親子で一緒にお使いいただけます。

贈り物に込めた想いが、伝わりますように

こぼしにくい器

商品の特長や取り扱い方をまとめたしおりを添えて、お届けします。どのような自然素材から作られているのか、どのような想いを込めて職人さんが作っているのか等、贈り物に込めた想いが受け取った方に伝わるように、手のひらサイズの小さなしおりを商品に添えています。

贈る相手を想う気持ちが、さり気なく、しっかりと伝わりますように。
ラッピング詳細はこちら。

色や産地を組み合わせて、ご注文いただけます

こぼしにくい器

「ご飯やおかずの色が映えるように、深皿と平皿は黒色にして、汁物を入れるボウルは、木目が際立つ茜色に。」というふうに、色を組み合わせてもご注文いただけます。また、山中漆器だけでなく、愛媛県の砥部焼や徳島県の大谷焼、青森県の津軽焼など、異なる産地の器を合わせてご注文いただいた場合も、1つの箱におまとめしてお届けいたします(1つの箱に収まらない場合、箱を分けてお届けします)。

また、色や産地がちがうものも、ボウル・深皿・平皿は、それぞれ同じサイズで作っているので、スタッキングして収納していただけます。盛り付ける料理を想像したり、贈る相手の好きなものを思い浮かべながら、組み合わせを選んでみてくださいね。

茜・3点セット
20,000円
茜・ボウル(小)
6,500円
茜・深皿(中)
6,800円
茜・平皿(大)
7,200円
黒・3点セット
20,000円
黒・ボウル(小)
6,500円
黒・深皿(中)
6,800円
黒・平皿(大)
7,200円
※価格は税別です。通常5営業日以内発送。

安全にお使いいただくために

商品詳細

サイズ:
【ボウル】 口径 約11cm 高さ 約4.5cm 重さ 約70g
【深皿】  口径 約13cm 高さ 約4cm 重さ 約100g
【平皿】  口径 約15cm 高さ 約3.5cm 重さ 約100g

※手作りのため、重さは前後します。

生産地:
石川県

素材:
欅(ケヤキ)、漆

注意点

【器使用制限】
電子レンジ ×
食器洗い洗浄機 ×
オーブン ×
直火 ×

※食器という本来の目的以外には使用しないでください。
※強い衝撃を与えると、割れたり欠けたりします。
※破損した際、思わぬケガや事故の原因になることがありますので、お取り扱いには十分にご注意ください。
※拭き漆を使用していますので、ほのかに漆の香りがいたします。
※ご使用前には台所用洗剤で洗ってください。
※直射日光・乾燥・磨耗・急激な温度変化、長時間の水の中での放置は避けてください。
※洗う際には手洗いか、柔らかい布をご使用ください。
※漆は水洗いでも十分です。洗剤を使う場合は、台所用洗剤をご使用ください。
※研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザー等は破損の原因になりますので、ご使用をお控えください。
※漆が剥げた状態で使用すると、木が水を吸い変形や破損の原因になりますので、漆の塗り直しをおすすめします。
※通常、毎日毎食使用3〜6ヵ月ほどで、艶出しや塗り直しの目安となります。艶出しや塗り直しはこちらからお申込みください。
※全て職人の手づくりのため、一つひとつ大きさに若干の違いがございます。
※自然の素材を使用した商品のため、色合い、手触りなどに個体差がございます。それぞれの商品の個性をお楽しみください。
※土、日、祝日は発送をお休みさせていただいております。